柿は奥が深かった。

この時期ならではのお楽しみ風景。
やっぱり、こういう日本家屋に似合います。

 

小さな頃は家の軒下にもぶら下がっていたし
ご近所でも結構見かけた。
多分、今みたいに売ってなかっなのではないかなぁ~?
甘いのと渋いのがある事を知ったのは
昔話の「さるかに合戦」です。
昔話や昔遊びの歌って結構残酷な事も大人になってから判る。
当時は、何も考えないで大きな声で歌ってた!
そういう意味では子供って残酷たらーっ (汗)
知らないから許されてるんですよね。猫2

季節を愛でる事は、こんな風に手間暇を惜しまない事。
自分で出来る事は意識するexclamation
心掛けたいです。

今年も田中さん家からお裾分けを頂きました。

いつものように木に残した鳥さん達の分、
美味しそうに熟してる。

何故か?
お裾分けの落ち着く先はここdouble exclamation

意外と知らない事が・・・
柿の原産は中国とも言われますが、世界的に見ても
日本原産っぽい感じがします。

英語で・・・Japanese persimmоn
イタリア語は・・・Cachi
後・・・KAKI とかね。

ことわざで
柿が赤くなると 医者が青くなる

その位栄養価も高い果物のひとつ。

是非柿を使った料理にも挑戦してみようと思います。

 

kissy

英語でってなんていうの?世界では食べられている ?
「FUYU」の名前で・・・と言う話も・・

P.S.  『さるかに合戦』のお話しが出来た時は
「渋柿を干し柿にする」ことはなかったのかな?
ひろちゃん

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

思い出に残るお花。

秋のお花、クジャクソウ(クジャクアスター)の季節も
終わりを迎えました。
このクジャク草には思い出があります・・・

市場からお店にお花を持ち帰る時、お花を確認するのと同時に
ある程度仕分けをして不要な箱を置いて帰るのですが、その日はクジャク草の入った箱をそのまま車に積んでお店に戻りました。

仕入れ後の花の処理を済ませ、その日の夕方
配達へと出掛け・・・
国道を曲がり、県道へ、丁度信号が赤になり停車した時です、
後ろのトラックの運転手さんが降りて、近づいてきます。
何かあったのか?どうかしたのか?もうドキドキでした。

「あの~、くじゃくを飼ってるんか?」

突然の事で何の事かさっぱり解らず、頭の中は???
「え~! 何の事ですか?」

多分こんな風に聞いたんだと思います。

「車に乗ってる箱に「くじゃく」書いてあるが、
気になって!」

「クジャク草っていうお花が入っています。」

その方は笑って
「あー、そうか、そうか、あんたお花屋さんか、ありがと!!」

そう言いながらトラックに戻って行きました。

今迄のお花にまつわる思い出の中で、強烈な印象の思い出です。

この時の運転手さん、顔とか覚えていませんが
興味・好奇心を持つ事を忘れず大人になった人だったんだなぁ~
何だか可愛らしい人だったなぁ~

クジャク草を見る度に温かい気持ちになります。
今年は特にこのクジャクアスターにはお世話になりました。

 

クジャクアスター(ブルー八重)(笑)
白八重スプレーマム・・・ゼナ(国産)
クリーム色スプレーマム・・・バニラソルベット
赤紫スタンダードカーネーション・・・エクスタシー
ドラセナ
メラレウカレッドレボリューション

kissy

  • もちろん!1本・一輪からもお求めいただけます。
  • 予算をお伺いしておつくりする方が、お家用でもお得です。
  • 贈り物などでは必ずラッピング+保水処理代が必要です。
    (ラッピング不要の場合、花代(+消費税)のみ)

不思議がいっぱいな植物達。

鉛色の空の下。
大きな木に見える丸い影を初めて見た時、
鳥の巣に見えました。

それもかなり上の方にある!
きっとタヌキやキツネ、イタチ等から身を守る為だろうなぁ~。
とか思っていたのですが・・・

これが、「ヤドリギ」という植物だと聞いた時の不思議さ!
「神秘」を感じました。

以前、花市場で見かけた「ヤドリギ」は元気がなく
可愛そうでたまりませんでした。

その環境でしか芽が出ず、そこでしか育たない植物が
たくさんあります。「山帰来」や「カラスウリ」など・・・
日本の山から激減して今では市場でも見なくなりました。

自然と共存する事はこういう事も含めてなのだと
思っています。

一年に一・二度ですが・・・
このヤドリギに会えるのも楽しみのひとつ。
もうすぐ会いに行くよ~。
待っててね    !    クラブクラブクラブ

kissy

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

久し振りに ″エリ” です。

ブログではすっかりご無沙汰していました。
みんな元気でのんびり、相変わらずマイペース・・・
幸せな毎日を送っています。
2~3日前の「エリ」

やっぱりネコ!一番温かい場所を判ってる~。
でも・・・まるで置物みたい!!目の前を気が付かずに通り過ぎてしまう人の方が多い中。

エリは一応・・・
日向ぼっこしながら待っています。
優しく声を掛けていい子いい子ナデナデしてくれる
あの人、この人を。

普段すご~く私に甘えん坊なはずなのに。
お店の外では何故か?よそよそしくて他人行儀。
知らんぷりするんだから double exclamation

  

 

も~がまん顔
そんな怖い顔しないでよね。

 

数時間後・・・

お日様が傾いて日が陰った頃気が付いたら
また、ここにいた。
もう、これは日向ぼっこじゃなくて。
誰を待ってるのかなぁ~?

看板ネコとしてのお勤め、しっかりお願い致します。

 

kissy

 

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

 

やっと・・・

この子達も・・・冬支度!!

  

 

少~し工夫しているの、解りますか?

 

 

 

 

こんな所にも巻いてみました。

 

お家で毎年クリスマスツリーを出して飾る様に・・・
ベティ・ブーフでもね。

そんな毎年ですがその年限定で作り、飾る物もあります。
今年の”クリスマスの飾り”のテーマは・・「 エコ 」・double exclamation 

な~んて、いつもですけどね。ウィンク
エコで可愛いの今年も作りました。
ひろちゃんカードの「エコ」ではありません。
やっぱり若干地味です。(笑)
でも、イメージ通りに仕上がりました。
是非 プレゼント お店で、お待ちしています。
暖かい格好で ハートハートハート・・・・

 

kissy

 

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

今年もクリスマス! あの人は今・・・

一年の中で一番ワクワクする12月!

大人になったら少しは冷めるのかも?
そう思っていましたが ほっとした顔

ずっと前、頂いたお手紙
「今年も岸本さんの大好きなクリスマスの季節ですね。」
そう書かれていたのを思い出します。
その人は、お花の市場でとても可愛がって下さった
お姉さんみたいな人でした。

その当時、12月に入ると松市や梅市等が始まります。
殆んど毎日何かしら市場へ行っていた気がします。

市場で会うと必ず声を掛けて下さり、
いつもカフェ・オレもごちそうして下さいました喫茶店
お互い個人的な話をする事はありませんでしたが
何となくいい関係でいい距離感で付き合えた唯一の人。

新年の市場に着物で登場したり
とてもおしゃれでカッコイイ、男前な雰囲気の人でした。

そんな時、
年が明けても、しばらく市場で会わない事が続いて・・・
今みたいに携帯が無かったし。
お花屋さんの名前もその時は知らず。

そんな私に別のお花屋さんと市場の人が
「ベティさん、○○さんね、入院してはるよ」
そう言って病院を教えて下さったのです。

入退院を繰り返されて、訪れた12月。
絵本とカードを病院に。
とってもとっても喜んで下さった事は後から
ご主人に聞きました。

一度だけお見舞いに行った時、
思った以上に喜んでおられたのが印象に残ってるのですが・・・
その時に
「色んな人と知り合って、友達だと思っていた人もたくさん
いたけどそうじゃなかったんだなぁ。
病気になって色んな事がわかったんよ」

枕元には私から届いた手紙やカード、
絵本等が大切に置かれていて
すごく恥ずかしかったけど嬉しかったのを思い出します。

駅からの往復、送って下さったご主人が
「いつも有難う。救われていると思う。本当に有難う。」
と言って下さいました。でもそのご主人もその後、
僅か数年して天国の奥様の処に・・・

  

私はもう、○○さんの歳をとっくに追い越して
しまいました。

「その後も色んな人に優しくしてもらい
可愛がってもらっていますから安心して下さいね。」
と、天国の○○さんとご主人に報告しています。

クリスマスが近づく12月は大好きだった人を思い出す
そんな季節でもあるのです。

今年も大好きなクリスマスが近づいてきました
お花屋さん楽しみながら元気で頑張りますからねdouble exclamation

          クラブクラブプレゼントクラブクラブクラブプレゼントクラブクラブクラブ

kissy

記憶力がいいのはそれだけ嬉しいことも、
悲しいことも覚えているという事だよね!それが
みんな、みんなキッシーの人生!大切な人生!になる。

 ハートハートハートハートハート   Hove     a    nice      memories      day   !ハートハートハートハートハート

ひろちゃん

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ