カテゴリー別アーカイブ: みどり店・景色

がんばれ! ドラセナ!!

 

 

バンザ〜イをしているような...                                                                   カニのハサミのような...

これは  一体  何かというと...

夏に  たくさん  挿し穂をした  ドラセナの  ひとつ  です。                    こんなに  冷え込む  今頃になって、小さな  芽を  出しました。       芽を出したものの  この急な  寒さを  どう  思っているのでしょう?

お天気の良い日は、できるだけ  日光浴。                                                        夜は、ビニール袋をかぶせて少しでも  あたたかく...

これからの季節に  備えています。

 

 

小さいながらも、すでに  それぞれの葉の  特徴は  しっかりと  あらわれています。  冬を  乗り越えて  かわいく  たくましい  ミニ観葉に  育ってくれるといいなぁ  と思っています。

 

 

OTURU

 

自然の つくる 色の深さ

 

 

まだ  ベティブーフのお客さんだった頃、秋になると  本店のテーブルに  置かれていた  素敵な  一冊。                                                                “木の葉の美術館”

とても  はまってしまい、すぐに欲しくなって、   本屋さんに  買いに行きました。         (もう  20年程前のことですが...)               今は  みどり店でも  この季節になると  お客様に  見て頂いたり、自分でも読み返してみたり......

陽が沈むと、昼間のポカポカが  うそのように冷え込む日々。        木々の紅葉だけでなく、足元の葉っぱも  それぞれに色づいて、  特にテラスの  南側は  お陽さまがよく  当たる分、以外な葉っぱが美しく  変身していて   とても楽しいです!

 

あの本の中でも    “裏庭の  マザーテレサ”  として  取り上げられている ドクダミ。

 

この  シブい葉っぱは...??

  上は  アジサイ。     下は  シャクヤク。

 

白い壁に  かわいい  アイビー。                                                                               寒さにあたって  より紅く...                                                                          自分も そんな風に  なっていきたいなぁ。

 

OTURU

 

それぞれの秋の色

 

         朝晩の冷え込みと  たっぷりの  秋の光。                                              今年も  それぞれの  秋の色が  美しい季節です。

1年前に  仲間入りした  ドングリ、背は高いのですが 小さな鉢で本よく頑張っています。   こちらの  環境に  だいぶ慣れたかな?

 

今年も一番  早くから色づき始めた   オオテマリ。

 

あちこちに  枝を伸ばしている  ブラックベリー。
来年は  たくさん収穫できますように...

 

みどり店で  15年目の  秋を迎えた  ドウダンツツジ。
ここ数日で  急に鮮やかに  色づきました。
この木も鉢植えですが頑張っています。

 

存在感抜群の  大きな葉 、  カシワバアジサイ。

 

春に芽吹いて以来、休むことな 働き続けた
一杯の鉢のたくさんの木々たちです。

今年も 沢山の 秋の色を  ありがとう ハートたち (複数ハート)

 

 

OTURU

セイタカアワダチソウ

 

 

子供の頃、空き地を  黄色く  うめつくして  咲きほっこっていた     セイタカアワダチソウ。

名前の通り、見上げるほど  背は高く、“  喘息が出るから  近ずいては  ダメ!!”  と言われていたのを  思い出します。                            (子供の頃は  喘息持ちで、特に  秋、朝晩  冷え込むと  体調を崩していました。)                                                                                                                  喘息の原因は、セイタカアワダチソウでは  決して  なかったのですが、当時、空き地で  大繁殖している  光景が  誤解を  招いていたようです。

このセイタカアワダチソウ、まわりの他の 植物の 発芽を妨害する  毒のある  物質を  根から出し、空き地の  独り占めに  大成功!! どこまでも  勢力を拡大できると思っていたら...

他の植物を  攻撃するはずの  その「毒」が、                                              いつしか、自分自身をも  傷つけることになってしまったのだとか......。

とても  考えさせられる  展開です。

 

みどり店の周囲の  植え込みにも、今  この  お花が咲いています。他の植物に混じって、                                                                                                 昔に比べると  かなり  控えめな姿で...。

 

 

 

OTURU

 

 

 

 

少しづつ 秋の色

お店のテラスも  秋の色が  少しづつ増えています。
朝・晩の冷え込みも、さわやかな  空気感も
今の季節ならでは・・・

今日は  台風接近前の  貴重な  青空です。     テラスの  スダレを        もうはずそうか  どうしようか...と迷いながら  片付けなどしていると、いつもの・・・

あの  カエルさんです。
秋の陽射しを浴びて、日光浴??
こんなに  お日様に当たって大丈夫?
でも全く動く気配もなく
今日は   ずっと  ここにいるつもりのようです。

カエルが  乗っているのは  セイヨウサンザシの葉です。

    この  サンザシ、春には  濃いピンクのお花.                                                     夏は  緑の  葉を,そして   秋には  色づく葉を

こんなに  かわいい 実を 楽しめます。

小さな実ではありますが、季節の移ろいを感じさせてくれる           サンザシ 。

今年は  たっぷり  秋を味わえそうです。

 

OTURU

 

 

秋の風にのって....

 

オオテマリの鉢から  植えた覚えのない  テッポウユリが生えてきたのは  3年ほど前...。     茎が伸びて  つぼみが見えてきたら、毎年   虫にかじられてしまい   今まで  お花を見ることはありませんでした。

それが...!     今年は  やっと....!!

つぼみは  順調にふくらんで  6月の終わりに  待望のお花が咲きました。

 

 

3ヶ月がたった今、お花の後の茶色っぽくなった  サヤの中には   新しいタネが  できています!

 

今日は  雨に濡れて  しっとりしていますが、乾いて  軽くなったら  秋の風にのって  旅立っていくのでしょう。ここへやってきたタネも、どこからか  風にのり  飛んできたにちがいありません。

無事、土のあるところに着地して  芽を出せたことも、元気に成長して  美しいお花を咲かすことができたのも、間違いなく    奇跡のような  確率  ですよネ。      そう思うと、このテッポウユリ、     本当に  愛おしく感じます

秋の風にのって、ここからまた  命をつなぐ  旅の始まり...       今度は  どこへ  いくのかな。

このタネ、少し  頂いて  育ててみようと思っています。

 

 

 

OTURU

 

丸2年が たちました!

 

メダカがいるの、見えますか?

みどり店のテラスで  メダカを飼い始めて  今年の9月で  丸2年になりました。     卵から孵った小さな小さな  メダカを  お客様が  持ってきてくださったのが  始まりです。

暑さ、寒さを乗り越えて  生き残った2匹。

仲がいいのか  悪いのか....よく  追いかけあいをしていますが、その  スピードがもう..!!   ハンパではありません!!      びっくりするぐらいの  猛スピード!!!

水草の根元に  隠れていることも  多いのですが、顔を近づけて       しばらくのぞいていると、ふわぁ〜と底の方から浮き上がってきてくれて、とても  かわいいです。    たまに  蒸発して  減った分の水は  足していますが、この2年間、お水もそのまま。ほとんどエサも  必要なく  よく  こんなに元気だなぁ〜と感心するばかりです。

 

 

今日  お店に来たら、その水草 ( ウォーターバコパ  )に小さな  紫色の  お花が咲いていました。

 

夏の間に、水草もぐんぐん伸びて大きくなり  水面に  たくさんの日陰を作ってくれました。2匹のメダカにとっては  絶好の隠れ家、遊び場です。

この  猛スピードの追いかけっこ、ぜひ一度  見て頂きたいです!タイミングがよければ、あの  青ガエルや  チッチにも出会って頂けると思います。   本当に  かわいいので  どうぞお楽しみに!!

お花達と共に  お待ちしております!!

 

 

OTURU

 

 

あの 小さな カエルは...

 

 

あの  小さなカエルは、ほぼ  毎日  姿を見せています。

夜、あかりに集まる虫を狙ってか  夕陽が沈み  薄暗くなりかけた頃、いつも  この枝の  ほぼ同じ位置に  ちょこんと  すわっています。  かなり  顔見知り⁈  になったせいか  近ずいても平気...。

  この枝は、去年の秋、岸本さんのお引越しの時に  みどり店のテラスに仲間入りした  ドングリ  です。ここが  とても  お気に入りのよう...。

 

ある時は  こんな姿も......

一日中  激しい雨が  降ったりやんだりした日、雨の音に混じって、元気な  カエルの鳴き声が  お店のテラスに  響いていました。まさに  体が  楽器そのもの        こんなにもふくらむんですネ!!

そうそう、鳴き声といえば  ヤモリのチッチ...

また  あのかわいい  鳴き声が聞けるといいなあと思っていましたが、こちらは、お盆が過ぎた頃から  夕方になると声が聞こえるようになりました。

“チッチ   チッチ...”

しかも  テラスのあちこちから声がするので、たぶん  4、5匹はいるのでは......

カエルも  ヤモリも  お店の  大切な  守り主。    小さな  生命の営みに  心がなごむ  夏の終わりの  ひとときです。

 

 

OTURU

 

小さな 生き物との出会い

 

台風の後は  又、体に  こたえる  暑さが  戻ってきましたが、  毎日  元気に  お店を  オープン出来ること、皆さまに  本当に感謝しています。

お盆休みも  いよいよ  終盤...。渋滞を  うまくすり抜けて、今日も  無事、みどり店に到着。

......ん⁈       何か視線を感じるような.....⁈

アレ  !!             こんなところに!!...

ちょっと  眠そうにも見えますが、黒い眼がとても印象的な小さな カエルが  こちらを  見つめてくれています。

それにしても、上手に  いい場所 を見つけたね。      午前中のお店のテラスは  陰になるので、思いのほか  涼しく、ここだと  エサになる虫を  見つけるのにも  都合がよさそうです。

 

 

ここ数年、見かける  カエルの姿も  減っています。

 まだまだ  自然が残っていると  思っている  みどり店の周辺でも、小さな生き物達の暮らす環境は、明らかに  少なくなっているように感じます。

季節が巡る中、これから先も  小さな生き物達と共に生きていけますように。

 

こちらは  別の日、お水やりをしていたら  姿を見せてくれました。    同じ  カエルさんかなぁ〜?

又、会おうネ!!

 

 

OTURU

ムシムシした 暑さが 大好きな...

 

ムシムシした  暑さが  大好きな  モンステラ。切れ込みの  入った  大きな葉は  存在感抜群です!

 学名になっているラテン語の  Monstera   ( モンステラ)は、英語の Monster ( モンスター)と同じ語源...。名づけた人も、この  特徴的な葉を見て、モンスターとつけるくらい  ビックリしたのでしょうね!   きっと...。

 

心配していた  冬の寒さも  見事にクリアー!!    茶々丸( 我が家のネコ)に、葉っぱをチョット  かじられるというハプニングは  ありましたが、室内で  無事に  冬を越すことができました。

新しい葉も出てきて、鉢が  かなり  きゅうくつになってきたので、先日、ひとまわり  大きな鉢に植え替えたところです。これからますます  パワーアップ!!

ムシムシした湿度の中で  元気な!!...といえば...

殻から  こんなに  カラダを伸ばして、活発に  動いている姿を  見せてくれました。  こちらも  元気一杯です。       今日で  梅雨明け。  カタツムリさん、うまく  夏を  過ごしてネ!

 私たちも、体を大切にして  今年の夏を  元気一杯  過ごしたいですネ!!

 

 

OTURU