秋の芽生え。

11月もあとわずか…。

思いの他、暖かい日が続いています。

少し前にタネまきをした 菜の花

こんな感じですよ~

今はかいわれ大根にしか見えないですが、おひさまの光を浴びて生育中です。

 

今年は、プランターだけでなくあちこちにタネをまいてみました。

テラスの落ち葉🍂の間からも……!!

この落ち葉の下はアスファルトなのですが、 いつの間にか少し土が出来ていて しかも!

とっても良い土なのです!

微生物やミミズ達のはたらきのおかげ…。

なんてありがたいことでしょう。ほっとした顔

自生えがすくすく育つのはこの土あってのことだと思っています。

春に菜の花の咲くテラスをイメージしつつ、この先の成長を見守っているところです。

 

同じ時にタネをまいたニゲラは……、

ようやく最近…

どんな風に育っていくかこちらもとても楽しみです。

 

OTURU

 

 

お目当ては…

少し前から、

テラスに小さなかわいいお客様がやってきてくれています。

メジロがいるの、わかりますか?

今年はいつもより、

ずいぶん早くからのご来店です。

お目当ては……、

こちらのツルウメモドキのようです。

このツルウメモドキもいつ頃からか自生えで生えてきて、毎年、少しではありますが実をつけ鳥達を呼んでくれています。

元はと言えば鳥達が食べた実からの芽生えだったかもしれませんね…。

 

画像では一羽ですが、近くにもう一羽…。

お店のテラスと道路を隔てた近くのお家のお庭を二羽で行ったり来たりしています。

かわいい姿をこれからも見ることができますように…。ほっとした顔

 

OTURU

ヒメツルソバ。

ヒメツルソバ。

漢字で書くと 姫蔓蕎麦。

金平糖のようなまあるいお花。

先日、ローズタウン内の郵便局ヘ行った時、

アスファルトのすき間にたくさん咲いているのを見つけました。

車🚙で走っていても、道端で群生している姿を最近よく見かけます。

暑さ、寒さ、それに乾燥にもとても強くとにかく丈夫!

(原産地はヒマラヤだそう…。)

真夏や真冬をのぞけばほぼ一年中、

このかわいい金平糖のようなお花を見ることができるようです。

かわいいお花とは裏腹に繁殖力はすさまじく、地面をはうように伸びる茎がコンクリートの割れ目や側溝などにも根づいてどんどん増えていくようです。

コンクリートやアスファルトの割れ目を彩ってくれる ヒメツルソバ。

以外なところに群生していることも多いので皆様も是非、出会ってみてくださいね。

今の時期は葉っぱも色づいてシックな秋のピンク色。

逢坂山の道路沿いにもたくさん咲いていて毎朝、見るのが楽しみです!!

(運転中、よそ見は禁物ですが…冷や汗 (顔)

 

 

OTURU

 

 

 

秋晴れ続き…

手入れのゆき届いたまんだら公園。

いつ来ても気持ちがいいですが穏やかな良いお天気の日はもう最高です!!

しかも平日は ほぼ貸し切り状態…(笑)。

この広い公園を独り占めはすごいでしょ!

 

勝手にキノコの広場と名づけているお気に入りのこのエリアは、

まわりの木々がもうかなり葉を落とし落ち葉の絨毯に……。

この日は鳥さん達の姿も少なく

本当に静かでした。

 

 

お店のすぐ近くにこんな静かな空間があるなんて

本当にありがたいなぁ~と思います。

暦の上では立冬を迎えましたが

穏やかな秋晴れの続く今のうちに

秋の日差しをいっぱい浴びておこう~と思っている今日この頃です。

 

OTURU

季節はずれの…

11月を迎えました。

皆様、いかがお過ごしですか?

ローズタウンの今年の秋は、風のない穏やかな日が多く、今日も昼間はポカポカです。この穏やかさは一体いつまで続くのだろうと思いつつ、

肥料をやったり、

タネまきをしたりしています。

 

今年も見事な紅葉でテラスを彩ってくれているオオテマリ。

このところの暖かさのせいでしょうか…?

紅葉のオオテマリに

季節はずれのお花が開花…。

びっくりしています。

 

 

今年の夏の大変な暑さや、このところの大きな温度差…。

きっと植物達も

私達以上に戸惑い、大きなストレスを感じているような気がします。

植物だけではなく、

そういえば今年は一度も姿を見なかった

カエル🐸さん。

少し前に鳴き声だけ聞くことができたので少しホッとしています。

 

OTURU

ギボウシとノギク。

ギボウシの大きな鉢に共生している

ノギク。

秋、青々としていたギボウシの葉が少しづつ終わりに近づくと

それまで目立たなかったノギクのお花の出番。

うす紫色の花びら…。

とても優しい色合いです。

 

ギボウシの葉の下にこっそり隠れるように咲いているものもあれば

葉の上にしなやかな茎を伸ばしているものも…。

か弱そうに見えて

しなやかでたくましい自生えのノギク。

このツルウメモドキも自生えです。

いつの間にかテラスの天井まで届く高さになりました。実はちょっと少ないですが(笑)。

自生えの植物達が風景を作ってくれるようになりうれしい限りです。

 

今はタネまきをしている菜の花やニゲラ、それに風船唐綿もこぼれ種からどんどん増えてくれるようになるといいなぁ~。ほっとした顔

 

OTURU

今朝の出来事。

昨日は夜中に思いのほかまとまった雨が降ったようです。

晴れの日が続き空気がずいぶん乾いていたので、とてもありがたい雨☔でした。

朝にはもう、すっかり青空。

いつものように自宅を出発!

ところが!!

数件先のお家の前で思わず車🚗を停める出来事が!

…………!!

屋根の上に?!

置き物?

いくらなんでもそれはない!

この大きな鳥は一体……??

 

車を降りて、すぐ近くで見上げても飛び立つ気配もなく、ひたすら静かに立っている。

ロマンスグレーの体に頭が黒。

調べてみるとどうもアオサギみたいです。

ローズタウンの田んぼや水辺で、シラサギは たまに見かけることがあるのですが

大きなアオサギをこんなに近くで見かけるなんてびっくり(@_@;)でした。

 

ひょっとしたらひらめき

すぐ目の前に川が流れているので

屋根の上から獲物を狙っていたのかも…。

 

いつもは水の少ない川ですが、昨夜の雨で今朝は勢いよく流れていましたから…。

それにしてもホント 大きかったです。

 

OTURU

 

 

豊の秋(とよのあき)。

五穀豊穣、

穀物が豊かに実った秋を「豊の秋」(とよのあき)というそうです。

ささやかではありますが、みどり店のテラスでも……

今 美しい穂が風に揺れています。

 

雑穀のモチアワと

 

ヒエです。

いいかんじでしょう〜!!

 

春にタネを蒔き、暑い夏を越してなんとか実りの秋までたどり着きました。

(とはいっても、今年はほんの少しだけなんですけどね…。)

バッタさん達にだいぶ食べられはしましたが、葉っぱも渋いいい色に色づいてうれしい限りです。

 

雑穀の種類によって穂の色がそれぞれ違うようなので、

来年は、もっと違う種類も育てられるようにと思っています!

キビやタカキビ、アマランサスなんかも仲間入りできるといいなぁ~。

 

どうかお楽しみにしていて下さいネ。ウィンク

 

OTURU

 

秋の彩り。

風のない秋の一日。

気温の変化の激しさは相変わらずですが、

テラスの入り口を開けておけるとても良い季節になりました。

一年の中で、

テラス側の入り口を開けておけるのは本当にわずか…。

特に近年はやっとクーラーなしで過ごせると思ったら、あっと言う間に比良おろしの風が吹くようになり、すぐに又、扉は閉める状況です。

なので、今日のように風のない穏やかな日は、とても貴重な一日です。

空も……

本当にハケで描いたような雲が広がって、気持ちもとても軽やかに…!

そんな秋の空の下で、

植物達はそれぞれの色に変身中!

 

モミジにオオテマリ、ニシキギ、ザクロ…。

お陽さまのパワーをいっぱい受けとった

秋の彩り。

今年もこんなに…。

ありがとう。

 

OTURU

 

最近の茶々丸は…。

最近の茶々丸は…、

ご飯とトイレ以外、

一日のほとんどは…、寝ています。眠い (睡眠)

お気に入りだったイスにも乗らなくなり、

最近の寝場所は

ソファーとカーテンのすき間のこの場所です。

 

誰が来ようがお構いなし!

せっかく頭をなでてもらっても

薄目を開けてちらっと見たらまた、

グーグー寝ています。

あんなに人見知りで怖がりだったのが嘘のよう……。

帰宅した時にお腹が空いていれば

その時だけは起きてきてくれますが

そうでなければグーグーグー。

本当によくこれだけ寝られるなぁ~。

驚きと尊敬のまなざしで見守る日々が続いています。

 

現在、20歳と6ヶ月。

何はともあれ、

暑い夏を無事に過ごせてよかったね!

 

穏やかに過ごせる日々が

どうか少しでも長く続きますように。

 

OTURU