カテゴリー別アーカイブ: キッシーの日記

「一輪の花から・・・」を終えて

 

きっかけは、新聞の小さな記事を見つけた所からでした。
「ここ滋賀」の売り上げが落ちている報告の様な記事。
何となくこの記事をひろちゃんに見せたのが、今年の1月の事です。

今までも、節目の度言の大切なひとつひとつの言葉が
今、振り返ると全てがつながっている事に気がつきました。

「好奇心を持つ」 「気になる事をそのままにしない」 「思い込まない」 「感受性を豊かに」 「自分らしく」 「する前から諦めない」 「本を沢山読む」 等々・・・
挙げればたくさんあります。

この小さな記事から、まさか今回の様に東京日本橋「ここ滋賀」でのイベントを行う事になるとは、全く私は想像すら出来ませんでした。

結果、「ここ滋賀」でした事がすべてうまくいったとは言えませんでしたが・・・
ここに辿りつくまでの過程にこそ意味がある事を、今回もひろちゃんから学ばせて頂きました。

毎年暮れに大津西武での展覧会に飾るお花をご注文頂く信楽陶窯会の方に連絡をされ、直接会いにいかれ、結果他の作家さんにも会える機会を作って頂き、何度も信楽に足を運ばれました。
神山清子さんもそのお一人です。
こうして、コミュニケーションをとりながら、大切な器などをご厚意でお借りすることが出来たのです。

この過程を私も釣井さんもこれに休みも奔走していたひろちゃんと一緒に共有する事が出来ていませんでした。
自分がどういう状況であっても、必要で大切な事を全部任せてしまったのです。
私自身の反省は沢山ありますが、この機会を与えられた事には感謝の気持ちでいっぱいです。

   

このあいだ、本当に久し振りに信楽へ行き、報告を兼ねて皆さんにお借りした陶器をお返しに行きました。
この数か月の間に季節も冬→春→初夏へと移る中、振り返ると、もっと長い期間だった気がします。
普段目の前の現実をやり過ごす中、自分の立ち位置をしっかりと確認し、自分らしさをなくす事無く、前に進む事を恐れずに新しい人や場所での出会いを大切にする。
色んな事をこれからも発見していけるように成長していきたいと思います。
「一輪の花から」この言葉に込められている深く、楽しい事に向き合う事は自分自身に向き合う事なのだとお花の仕事を長い間してきて、これからもしていく上で改めて大切で貴重な時間を過ごさせて頂けたことに感謝しています。

 

今回の準備期間中・・・・
卒業式・お別れの会での桜の活け込み・送別会等の忙しい時期もありました。
特に桜の活け込みの特別なご注文の仕事をこなす上で、たくさんの方に協力して頂き、お力をお貸し頂けた事等も、全て繋がっていると思います。
私達だけでは、こなせなかった、クリア出来なかった様々な事も、助けて下さる方やお手伝い等に参加して下さった方、ご支援という形で応援して下さった皆様がいて下さったからこそです。
そんな皆様に、自分が何を出来るのか、これからもずっと考え続けようと思っています。
ベティ・ブーフの心を、決して忘れる事無く、ひとりでもたくさんの皆様にベティ・ブーフを感じて頂けるようにこれからも頑張ります。これからもどうぞよろしくお願い致します。

最後にベティブーフのパンフレットの表紙の副題のように小さな文字で書かれた文章・・・・長い間、その意味をそのままにしていましたが、この言葉がなんだったのかをここで紹介しておきます。その文はこんなものです。

“ That which we call a rose
by  any  other name  would smell  as  sweet ”

ウィリアム シェイクスピア : ロミオとジュリエットより

そんな 自分らしい香りを持つ素敵な花のような人になりたいですね。

 

kissy

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

そばで、見届ける事が出来そうです。

6月5日・・・

アッ―!!! 綺麗になってる。もしかして・・・exclamation and question

やっぱり、無い、無くなってる。

何で?何で無くなるの?どうしちゃったの?どうなったの?

もしかして、もしかする。多分そうだよね?
絶体そうだexclamation

事情をお話しして、ごみ袋を開けて探し出し、
持ち帰る事を了解頂きました。

まだ、チューリップの種が出来るのを
見た事が無かったので、本当に楽しみだったのです。

袋の中から茎が少し折れたあのチューリップ、
無事に救出出来たことは本当に良かった。
抜かれた直後で本当に良かったexclamation
もしかしたら、チューリップからのSOSを
キャッチ出来たのかもって思っておくことにします。

 

6日7日・・・

場所がお店に変わり、きっとびっくりしてますね。
何故なら、今までと太陽が差す方向が逆になりましたから。
でも大丈夫、ここなら、いつでも見ることが出来ます。
ただ、葉っぱがほとんど枯れてしまいました。
折れた所はひろちゃんがワイヤーで補強exclamation

安心してね。

  

だいぶ、茶色っぽくなり、ドライ状態になってきています。

   

種が見られる日も近づいてきたかもです。

つづく

kissy

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

大切な事を見届けたい。

5月14日・・・

前を通り掛かって見つけたexclamation
横の何本かは此処までに至らず。
これって、多分、わざと残してるはずだよねexclamation and question

わぁ~お楽しみがこんな近くで見つかって嬉しい~!

  

ここが、割れて、種がはじけ飛ぶんだよね。

 

5月24日・・・

葉っぱも紅葉したみたいな色。
ここまでになるのをあまり見た事がないので驚きです。

実もかなりプックリ膨らんできました~。
ほんの少し割れてきました。

これを見て・・・・あれに似てると思うのは私だけかなぁ~?

 

少し懐かしいキャラクター。
「おでんくん」の中の「巾着くん」ほっとした顔
リリーフランキーさんが作者で話題になりましたっけ。

  ねっ!似てるでしょ?

 

5月30日・・・

初夏なのに葉っぱも茎も秋色です。

 

だいぶ割れが進んできました。

 

 

6月1日・・・

ここまでくると、気になって仕方ありません。
昨日に比べ、しわが増えたのと、
中が膨らんできているみたいに見えます。

 

毎日毎日しつこく覗いてごめんね。

この後、想いもよらないまさかの展開に・・・・

つづく

kissy

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

久し振りの信楽へ。

 

先週の水曜日、午後から信楽へ・・・

「ここ滋賀」での報告も兼ねて。
並木道沿いには、信楽高原鉄道の線路があります。(今も単線)

 

途中で見掛けた登り窯。

 

先ずは、樂斎さんのご自宅へ。
大きな壺がお出迎えしてくれました。

ひっくり返ってるのは、ひろちゃんのアイデアみたいです。
ドングリみたいで可愛かった。
そう言えばこの日、ひろちゃんが着ていたTシャツの雰囲気とピッタリ。
その名も「どんぐりぐりちゃん」ですから。

羨ましい限りのお庭・木々、そしてお家。

玄関に飾られたお花。影は計算されていますね~exclamation

  素敵すぎて・・・

 

樂斎さんと井伊さんに先ずはご報告を。

この雰囲気であまり写真が撮りにくくて画像はありませんが。
奥様お手製の「葛餅」が美味しすぎましたdouble exclamation
出された時の器等も、素敵すぎで。
ひろちゃん曰く、「ここに来るのは何よりそれが楽しみで~」だそうです。
「葛餅」はこの文面からイメージして下さ~い。

次回はしっかり撮らせて頂きます。お楽しみに。

 

場所を移動して「信楽伝統産業会館へ。

貴重な陶器をご厚意で提供して下さった
作家の皆様へお返しさせて頂くのですが・・・・・

せっかくなのでこの日は皆さんにその器やお皿などに
一輪のお花を活けて頂く為にお花をお持ち頂きました。
(事前にお知らせ済み)

楽しい雰囲気で、あっという間に活けられて・・・

 

皆さんが活けたお花をマジックの様に変身させたりして、
驚きの声が上がり、食い入るように見ておられました。
今回のご縁は次へと繋がる改たな始まり。

 

神山さんにもお礼と、ご報告に。
良いご縁を頂き、これからまた始まる予感です。

       神山清子さん。

 

遅めの昼食、タヌキにざる蕎麦。
さすが、器は全て信楽焼ずくしでした~

帰りは丁度日が沈む頃に。

車中からでも十分綺麗に撮れました。

久し振りに山に沈んでゆく夕日を見れたかも・・・
充実過ぎる午後を過ごせて、胸もお腹もいっぱいになりました。

kissy

 

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

 

好きなお花の季節。

 

ニゲラ(黒種草)
数少ないブルーのお花のひとつ。
楽しい個性を持っています。
今迄は白や水色の濃淡が多かったのですが・・・
濃い藍色。
花が咲いている時期は短くて。
その後、真ん中がプクッ~って膨らみ始め・・・
小さな風船みたいになって・・・
黒っぽくなっていきます。
振ると、シャカシャカ・・・
小さな黒い種が膨らんだ風船の中にいっぱい。
薄い赤紫も涼しげです。
珍しい八重咲き。
こんな風にお花との思い出ひとつひとつが
私の宝物です。
kissy

先週の休日。

 

先週は14日(火)・15日(水)と久し振りの二連休でした。
毎月15日は手作り市。

お休みが上手く合って行けるのは一年に一度位。
今月はいつになく出店されてるお店が少なかったような・・・

暑くなる頃~9月位はそうらしい。お店の方がおっしゃってました。

     

 

 

普段行きたいお店は火曜日お休みの所が多くてたらーっ (汗)
こういう事でもなければ行けない珈琲屋さんへ。
この日は暑い日で、おまけに満席で15分位待って・・・
一杯目はアイスコーヒーをほぼ一気飲み状態で!

即、二杯目をおかわりしました。

 

こんな時、こういうサービスがあると嬉しいですね。

 

次、いつ行けるか判らない分、お店の雰囲気をしっかり味わって。
カフェより、珈琲屋さんが好きです。

また、お邪魔しますね。今度はカウンターもいいな~。

市川屋珈琲Retty

kissy

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

 

今が旬のお花。

お花屋さんに並ぶスィトピィーの旬・・・
意外と早くて、1月~3月位でしょうか?
以前、この時期になると枝が長くて茎もしっかりした
スィトピィーも見掛けました。最近はどうなんだろう?
これが出始めるともう春が終わりだなぁ~って思っていました。

このお家の前を通るのを楽しみにしています。
これが本来のスィトピィーの姿double exclamation
赤・白・赤紫・青紫・ピンク・・・

手前には矢車菊が咲いています。

一階部分まで気持ち良さそうに背が伸びています。
決して広くない玄関横の小さなスペースを生かして
上手に植えられています。

 

矢車菊、蕾を沢山付けているので、これからが楽しみ!

 

kissy

 

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

母の日の名残り・・・

 

母の日が終わって、ホッと一息かなぁ~って思っていた所に。

幼稚園帰りのチビちゃんとお母さんが、一組、また一組・・・
みんな、一本の好きなお花を選んでdouble exclamation

翌日に幼稚園のマリア様へ差し上げるお花だそうです。
そう言えば、毎年この時期はそうだったかなぁ?
今年は今までになく、沢山のおチビちゃんとお母さんが
来て下さいました。

母の日が終わった後なので、お母様方に聞いてみました。
「母の日のプレゼントはありましたか?」

ちょっとショックだったのは殆どのお母さんが貰えていない事。
いつも皆さんにお話しさせて頂いていますが、
一番お母さんしている時に貰えないんですね。
ご主人にさりげないアピールが必要の様です。

お一人の方が、「自分で買って飾っておきます」
そう、おっしゃり赤のカーネーションンを一本ご自分の為に。

お店がひととき、託児所のような、雰囲気にるんるん (音符)
みんなが自分でお花を選んでいる時にどのお母さんも
口出しをされなかったのが良かった~
ついつい、言ってしまいそうなんですけれどね。
お母さんが頑張って見守っておられる感じもほのぼのしてました。

お花が見える様ひとりひとりに抱っこして居られたひろちゃん。
普段、「子供は嫌いだぁ~!!」って言っておられますが・・・
何の何の、楽しそうにされていましたexclamation

おチビちゃんがいるお家のお父さん。是非是非、一番傍でお母さんしている奥様へ、おチビちゃんを連れてお花を買いに来てあげて下さ~い。
来年はお忘れなく・・・・

kissy

 

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

 

日常に戻って思う事。

 

渋谷のスクランブル交差点・・・
岡本太郎の壁画がある広場から、こんな都会の真ん中でも緑があって
ホッとします。

 

渋谷から浅草線、黄色の車両が浅草っぽく感じるのは私だけ?

 

今回、イラストレーターでもある「西村玲子さん」からご厚意でお借りした
お手製のコースターもお茶の時に使わせて頂きました。

手縫いでパッチワーク風、ひとつずつ違って可愛く、爽やかでした。

 

そして、現実に戻ると、お店は今月に入って・・・・
蔦がモリモリ凄い勢いdouble exclamation あっという間に緑に覆われました。

 

長かった連休も終って、日常の生活に戻られたかなぁ~?

いつもと変わらず、作り置きはせずオーダーメイドで心を込めて
お作りさせて頂きます。
もし、お急ぎの方はお早めにご予約下さると
お待たせせずにお渡しさせて頂けますので・・・

後は母の日当日まで長く楽しんで頂ける事等を思うと、一日でもお早めにお送りされる事をお薦めさせて頂きます。

普段のベティ・ブーフを少しでも味わって頂けます様に。

 

思った以上に東京にも緑が溢れいてる事を実感しましたが
やっぱり、滋賀は何が良いか、山があって、琵琶湖があって
空が広くて、空気が違う、風も感じられる。
帰ってくるところが、ホッと出来る場所で良かったです。

大好きな景色。

  

そして何より、ここにベティブーフがあり、
そのお店と私達をこよなく愛して下さるお客様がいる。
この素晴らしさは言葉では言い表せません。

      ありがとう!

kissy

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ

 

 

 

 

アートを求めて。Ⅱ

「日本民藝館」
展示されていたのは、どれも特別な物ではなくて
生活の中で使われ、身に付け、飾られていた物ばかり。
今は何でも気軽に手に入る時代、物を大切にするdouble exclamation
そんな意識が無くなってるなぁ~って思います。
ここで目にしたモノたちは、そんな時代の流れの中、確かに庶民の中で
息づいていた。モノ達の背景にはこれを使っている人や
遊んでいる大人や子供達お年寄り等色んな時代の人達が見えました。
個人的に面白く観た展示は「遊具」です。
貝合わせ・凧(凄く小っちゃくてびっくり)
羽子板(これも小さく質素な雰囲気) 花札・カルタ等・・・
陶器の展示は、涼しげな雰囲気がしたので、後から、受付のお兄さんに聞いたら、やっぱり、夏と冬で展示の内容を変えるそうです。
夏は、涼しげに見えるもの、冬はぬくもりを感じるもの。
工夫された展示の仕方や、見せ方も良かったですね。

後・・・古い時代の大津絵も何枚か展示してあって、親しみを感じました。まさか、ここで大津にかかわった作品に出会えるとは思ってもいなかった。今の大津絵とはやっぱり違って、風格があり、色目も落ち着いた感じに見えましたが・・・時間の経過で変化したのかもです。

   

この後、イベントで信楽焼の貴重な陶器に触れ、使うので、ここで見、感じ、受けた事はいい刺激となりました。

可愛いカップやお皿などここでしか買えなさそうな物がありましたが・・・
今回は心の中にだけのお土産に留めました。
「日本民藝館」ありがとう。又来ます。

駒場の中にはふたつも大きな公園があります。
緑溢れる公園は住民の憩いの場。子供たちの声が鳥のさえずりと一緒にどこからか聞こえてきて・・・
気持ちの良い風が吹いていました。

  

何と「田んぼ」迄あってビックリ。
近所の駒場小学校や、中学校のみんなが田植えから収穫までしているそうです。

自然のパワーはすごいですdouble exclamation

つづく

 

kissy

Face book   ながのひろゆき

ベティブーフ